開発環境ソフトウエアのインストール

Japanese

デバッガ・エミュレータは、ルネサス社製 E8a を用い統合開発環境として同デバッガ・エミュレータ付属の HEW を Windows 8(64bit) にインストールした。コンパイラは、[http://www.kpitgnutools.com/|KPIT Cummins] にユーザ登録の上 [http://www.kpitgnutools.com/downloadCenter_arch.php|43 KPIT GNU Tools GNUM16CM32Cv1101-ELF.exe] をダウンロード・インストールして使用した。このツールチェインは gcc 4.5 をベースとしていることから、リファレンスとしてgcc-4.7 M32C クロスコンパイラを Linux 上にインストールした。 (M16C プロセッサボードにシリアルインタフェースが搭載されていれば、HEW などを使わず Linux 上のクロスコンパイラにより生成したコードを直接ファームウエアに書き込むことも可能である) 

User login